AD-LIVE 2016 10/30(日)昼公演 考察 浅沼晋太郎・下野紘(リピート用のフラッシュメモ)

AD-LIVE2016 10/30(日)昼公演の膨大なネタバレを含むので、未見の方は即座に閉じてください。

これは、私のように「ライブビューイングも観て、あとりぶも観る」、しかも役者の脳内にも迫ってみたいよ、というけっこう奇特な方のために即興で(アドリブで)書きつけるものです。のちにDVD発売に向けて追記するかも。
想定より記憶違いが多いので、そのあたりは割り引いてください申し訳ないです。

また、AD-LIVE2016自体について興味を持たれた方は、拙記事をご参照ください。
AD-LIVE 2016 のこまごまとしたあれこれについてメモ - talkoのブ()ログ


では、続きを読む からどうぞ。


  • 今回は浅沼晋太郎さんの設定回でございます。開幕から「デキル社員」風のダークスーツ姿で登場。青いネックストラップの社員証は、会場に訪れた人ならばとても見覚えのあるもので……
    • クイズショーが始まり、慣れた様子で浅沼さんがクイズを出題。「新しいものが好き」「あなたは『強い』」など、性質についての質問が続き、最後に、「あなたはこの時代にふさわしい、あるいは、あなたはこの時代にいるべきではない。どちら?」と強烈な質問を放ちます。それを受け止め、バックの幕が落ちるとそこにいた下野さんの姿は、これまたなんだか見覚えが!?
      • 私としては、ついにやってくれたぜ!という驚きが重なった場面です。ベルソン社社員というアプローチをぜひやってほしい、それをやるならば浅沼さんだろうと思っていました(鈴村さんは初日だったので、さすがに初手から搦め手はきついという予想でした)。そして、下野紘さんはまたしても過去公演からの登場、二宮マサキの姿! アフタートークで語られましたが、「マインドダイブの設定なら、二宮マサキ本人である必要は別にないんですよね。この格好である理由は浅沼さんとの芝居の中でそれになっていけばいいやと思って」だそうです。あと、「わき毛をそることしか考えてなかった」とも。
        • さらに夜公演のアフタートークで、このあたりは補足されました。下野さんが本当にうかつ(浅沼さん談)で、先週、お2人がご一緒した別イベントの際に下野さんが「あー、俺も来週そらなきゃなあ」と漏らしてしまったらしく。しかも、それに気づいた後、「あっヤベ」とダメ押しの反応。それを聞いてしまった浅沼さんが、これはアンフェア、という判断で、ひとつだけヒントを漏らしておいたそうです。そのヒントについては夜公演の記事で。
  • 対面した2人が情報交換。
    • 下野さんの服装を目にした浅沼さんの「……そう来たか」に場内大爆笑。下野さんの側が「で、俺のこの格好はなんなの?」と聞くのに対し、浅沼さんは目をそらして「私の予想が正しければですよ、二宮マサキの――コスプレです」と言い切りました。「さすがに新しいものがお好きで、格好も、その喋り方も、実に影響を受けやすい」とまとめる、見事な手腕!
      • 浅沼さんの口から「二宮マサキ」という名前が出た際の会場の盛り上がりっぷりが半端ありませんでした。アフタートークでの、浅沼さんの「DVD観といてよかったぁぁぁ」というコメントがすべてを物語っています。このアドバンテージがなかった小野賢章さんの孤独な戦いがしのばれますね。また、この反応を感じて浅沼さんのほうで「トモダチファクトリー」という単語を入れ込んだり、という調整もしたとか。
    • 藤吉、と名乗ったダークスーツの男(演・浅沼晋太郎さん)の解説により、なんとか事情を把握したところで、バス停が3本降ってきました。三つ並んだバス停に、藤吉は、「あなたはこの時代にいるべきではない人」という誘導をし、「本能寺」を選ばせました。
      • この後の展開を考えると「これしかない!」というバス停の名前。ですが、なんと……これも完全ランダムだそうです! 演出部(ともしかしたらキャスト)が適当にキーワードを放り込み、あとはスタッフにお任せでキャスト陣は関知せず、完全ランダムで並び替え、それをそのまま順繰りに表示しているとのこと。なので、3か月前にはこの公演にこのワードが出ることは決まっていたとか(映像の発注の関係で、それぐらい手前に決まっています)。そのシステムを知っていた浅沼さんは、「『本能寺』が出た時に舞台上で震え上がった」と述懐しておられました。下野さんも浅沼さんがはっとし、目をキラキラさせていたのが分かったそうです。外から観ているとあまりに当てはまりすぎてかえって普通に見えてしまうのですが、演じる側(そしておそらく舞台裏の皆さま)のほうは衝撃を受けていたということになりますね。
      • ついでにここで触れておきますが、この公演では浅沼さんのワード引きに悪魔が降臨しておりまして、「大魔王」「サタン」などの悪魔系ワードや、「ウケる」など相手をバカにするワードを何度も引き当てています。あと甘い物系も。浅沼さんが「途中から俺怖くなってきちゃって」と言っておりました。凄かったですもんね。
  • バスに乗り、藤吉はシステムの警告を覚悟で、相手の名前を明かします。
    • 「帰ってきてくださりませ、信長様!」……下野さん、観客席が驚く中、藤吉はしっかりと「織田信長様」と言い切り、自らを「藤吉 朗(ふじよしあきら)」……藤吉郎をもじったものだと名乗ります。木下藤吉郎――のちの豊臣秀吉の幼少時の呼び名です。そして、信長様は本能寺よりこの時代にタイムスリップした存在であり、自分はそれを追ってこの時代に来たと説明します。
      • ここからは、キャラクター性よりも、設定の説明がメインでストーリーが展開する流れになります。自分が織田信長だと信じきれない信長(演・下野紘さん)と、なんとか信じてもらい、共に元の時代に戻ろう、と誘う藤吉の綱引きです。
      • 【ネタ】ところで、ジャンル:織田信長 というジョークがあるぐらい、織田信長はメジャーな存在です。過去になんらかの形で織田信長を演じた声優も多く、宮野真守さん(ノブナガ・ザ・フール信長協奏曲)、梶裕貴さん(信長協奏曲)、若本規夫さん(戦国BASARA)、小山力也さん(へうげもの)、山寺宏一さん(義風堂々 直江兼続 -前田慶次月語り-)、女性声優の方でも、伊藤かな恵さん(織田信奈の野望)など、枚挙にいとまがありません。なにぶんこんな状況なので、下野さんとしても、キャラクター性の打ち出し方のヒントはそろっているようでした。結果、ここで下野さんは浅沼さんのヒント出しもあって、「藤吉郎を〈サル〉と呼んでいた」というカードを取得、後で使えるようにキープしています。
        • 私は下野さんに対して、とてもクレバーな役者なんだなあと思っておりまして、こういう勘所をきっちり押さえた様子を見るにつけ、大好きになってしまいますね。
      • 藤吉朗=藤吉郎、というタイプの名前づけは多くの作品で観られます。AD-LIVE2015でも、櫻井孝宏さんが「興信所」をもじった「所 興信(ところ おきのぶ)」を登場させました。
  • 思い出の場所に辿り着き、明かされていく設定。
    • 藤吉は、ベルソン社の社員として働きながら、「マインドダイブ ABYSS」の開発に携わっていたと語ります。「深淵」の名を冠されたそれは、他人ではなく、過去の自分へとダイブする、自分自身へのタイムスリップを可能にするシステム。しかし、タイムパラドックスへの配慮、精神への高負荷などの事情から開発は既に中止、チームは解散し、藤吉もすでに広告部の宣伝マンに転身しているそうです。ですが、「ABYSS」を使えば、ふたりは元の時代に帰れる、一緒に帰りましょうと藤吉は力説しますが……未だ記憶のない信長の心には響きません。元の時代に帰りたくないのはいったいなぜ?
      • ストーリーが先行しているので、下野さんの芝居がキャラクターに特化していく下りです。このバランス感覚がとにかくすばらしく、「話は浅沼さんに任せて、俺はキャラで」という割り切りが見えます。下野紘さんって本当に頭いいというか、勘がいいというか……すごいですよね。
  • 再び現れたバスに乗り込み、説得は続きますが、そこにCキャストが乱入! 農民の格好をした小男は、「信長さまぁ!」と叫び、平伏します。そして懐から草鞋を取りだし…… 狼狽する藤吉をしり目に、木下藤吉郎を名乗りました。
    • まったく見た目が違う二人に混乱する信長ですが、藤吉が「これは過去の私でございます」と断言。藤吉郎も「ええっ、私こんなふうになるんですか!?」と驚き、嬉しそうにします。
      • Cキャストは安田ユーシさん! たいへん見事な造形とノリで、浅沼さんの綱渡りを綺麗に拾い上げ、完璧なまとめを見せてくださいました。アフタートークで曰く、「川尻くんが『浅沼くんは木下藤吉郎が来たら困るだろうなあと思って、じゃあそこ行こう』って」だそうで、それを聞いた浅沼さんが「もおー、本当ですよ!」と疲労困憊な様子でした。Cキャストの安田さん側も、最初は相手と本物争いをするかな、と想像していたそうですが、浅沼さんが綺麗にまとめたもので、それに乗って行こう、と決めたと語っていました。
    • 藤吉郎から信長への敬愛が語られ、信長様もまんざらではない様子。かわいがっていた藤吉郎の頭をなでてやると、藤吉もまたそれをねだって藤吉郎の隣に座ったり。その後、玉子焼きの話になり、藤吉が「わたくしもたいそう好きでした」と語った瞬間、藤吉郎が「私は玉子きらいです」とばっさり。藤吉は「いずれ好きになる」と応じます。
      • これも演出部&Cキャストの仕込みだったそうです。安田さんの完璧な仕事の一つ。アフタートークで鈴村Pがその解説をすると、浅沼さんが「(自分が何をやられたか)分かりましたもん!」と応答。「『いずれ好きになる』って返せて良かった」とは浅沼さんの談。また、途中で浅沼さんが涙ぐんだのも、秀吉の気持ちになっちゃって、だそうです。3人並んだあの絵は歴史的にも大変なことが起こっていたよね、これがAD-LIVEのすごいところだ、と鈴村さんがコメントしたりも。
  • 皆、信長様を敬愛しております、と言いおいて藤吉郎が去り、場面は図書館へ。
    • 置いてある本の内容はさておき…… 藤吉は、「ここで信長様は知ってしまったのでしょう。後の世で、信長様がどのように語られているのか。そして、元の時代には帰りたくないと思ってしまわれた」と断じます。そして、本能寺の変ののち、信長の妻、部下の皆、すべて命を落としたという事実を伝えます。信長にとっての絶望をこれ見よがしにたたきつける藤吉。しかし彼は、信長に白い装束を着せ、「私がいるではありませんか」「私が信長様の悪評を雪ぎます。営業ですから」「だから帰りましょう」と迫るのです。
      • 本の内容はなぜあんなラインナップだったんですかね……
      • 【余談】ここで引かれたワード「サファリパーク」は、私が投稿したワードに含まれています。誰かとネタがかぶってもおかしくないワードなので、私のだ!とまでは言いませんが、嬉しかったですね。本当に使われるので、皆さん投稿しましょう、もっとしましょう。
      • 白い装束については「ワード引けないし!」と下野さんが困った旨をアフタートークで述べると、鈴村さん、浅沼さんともども「気づかなかった!!」とガチ驚きの反応。意図的なワード封印じゃなかったんですね!?
    • 藤吉が差し出した手に、信長は手を伸ばします。帰還する決意を信長は固めた。ですが、その手をするりと躱し、藤吉は低く笑い出します。「……やはり、あなたはお強い。本当に……ここまでされても、まだ壊れませぬか」 瞠目する信長に、藤吉はついに己の真実を語りました。「まだサルだと思っておいでですか。……光秀です」と。
      • この最終盤に来て、設定どんでん返し! 浅沼さんの仕掛けが結実しました。つまり、Cキャストも伏線張りに協力していたことになります。鈴村さんが「でっかい伏線を一個置いていってくれて」と楽しげに解説しており、こういう厚い仕込みをAD-LIVEで仕込めたことが嬉しかったのかな、おめでとうプロデューサー、と思っています。
      • また、この場面について、下野さんが「浅沼くんの目で彼が芝居するモードに入ったのが分かったから、俺は黙らないとと思って」とコメント。この冷静なさばきにしびれます。鈴村さんも「だんだん下野が信長に見えてくるんだよ、すごいよね」と感想をもらしていました。
  • 手紙では、藤吉――いや、光秀の真意と本心が明かされました。
    • タイムスリップを経て、未来を知った光秀は、やがて「歴史など、後世が勝手に書き著したものにすぎない」と確信するに至りました。私は私の物語を生きると覚悟した光秀は、先に未来に来ていた信長を探し出し、マインドダイブを利用して、その心から壊してしまおうと企んだ。けれど、それは失敗に終わったのです。この手紙が渡されたのは貴方の抹殺はもはや叶わぬ試みと悟ったからである、自分は先にあの時代へ帰り、信長様を待つと告げます。そして、信長様を心から慕っていると手紙を結びました。
      • 浅沼さんが「手紙で噛むしね!」と笑い話にしたシーン。アフタートークで明かされたもうひとつの衝撃、「着替えながら読んでいる」という新事実がありました。いや、今までの流れからそうだとは思ってましたけども、それにしても特にこの回は凄まじいです。
    • 最終場面、炎に包まれた本能寺にて、刀を手に向かい合う二人。構える光秀に、信長は「この下郎がァァァッ!」と叫び、二人が交差して暗転。
      • もちろん殺陣もアドリブ。鈴村プロデューサーがきっちり解説してくれました。「立ち位置も分からないし、相手の動きも分からない、それで殺陣っぽくなんとか合わせてる」と。
        • こういう解説が入らないと、凄みが伝わりきらないよなあ……特に今回のAD-LIVEは……と思っています。
      • 暗転後のBGMがアツいです。もちろんアドリブ。アフタートークで、音もその場で作っていることが明かされました。宇田隆志さんはその場にギター、シンセその他、数々の楽器を用意しており、展開に合わせてフレキシブルに演奏しているそうです。今回の場合は和太鼓の音色をその場でチョイス、決戦風の曲になるよう仕立てているそうです。プロの技って本当にすごいです……
      • 【個人的な感想】最後は、和太鼓の音が高まりつつ、ばつんと切って終わるのですが、この時の音が「2つ」で終わるか、「3つ」で終わるか、聴きながらすごく気になってどきどきしながらその瞬間を待ちました。最終的な余韻が変わってしまうポイントであり、それが宇田さん一人に明確に託された公演はおそらくこの公演のみだと思います。確か「2つ」打ちで終えたと思いますが……宇田さんにそのあたりはどう考えていたのか、ぜひうかがってみたいです。

ああー、書いた書いた。これネタバレ多すぎて、とてもネット上に残しておけませんね。ほどほどに消します。
今日のあとりぶも楽しみにしております!