読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AD-LIVE 2016 10/29(土)昼公演 考察 釘宮理恵・高垣彩陽(リピート用のフラッシュメモ)

AD-LIVE2016 10/29(土)昼公演の膨大なネタバレを含むので、未見の方は即座に閉じてください。

これは、私のように「ライブビューイングも観て、あとりぶも観る」、しかも役者の脳内にも迫ってみたいよ、というけっこう奇特な方のために即興で(アドリブで)書きつけるものです。のちにDVD発売に向けて追記するかも。
想定より記憶違いが多いので、そのあたりは割り引いてください申し訳ないです。

また、AD-LIVE2016自体について興味を持たれた方は、拙記事をご参照ください。
AD-LIVE 2016 のこまごまとしたあれこれについてメモ - talkoのブ()ログ

あと、今週はちょっと忙しくてですね、あんまりがっつり書けないと思います。すいません。違うんだ……女性キャストだから語れないとかそういうんじゃないの……

では、以下「続きを読む」からお願いします。

始めます。

  • 今回は釘宮理恵さんの設定回です。すっきりとしたブラウスと黒いスカートという、淑やかな女性らしい衣装で登場。対する高垣彩陽さんのシルエットは……三角帽子にぴょん跳ねツインテール、ばっちり広がったスカート……攻めてる!
    • あとでわかることですが、くいだおれ花子でした。大阪公演に合わせての手作り衣装。お母さまと弟さんのお手製だそうです。福山潤さんに続いてのお手製。
  • きゃあきゃあと嬉しそうにする釘宮さんは、「犬派ですか?」の質問からはじめ、いくつも繰り出します。選択肢を選ぶたび大げさに喜び、不満な解答には露骨に残念がり、強い誘導をかけていきました。犬やら肉やらに関する質問が妙に多いような……?
    • 「正解/不正解」のクイズのボタンを連打するところがとてもかわいいです。今までの出演者で連打した人はいなかったと思います。
      • 以降も、釘宮さんはこういう些細なしぐさでキャラクターを立てるのが抜群に巧く、全身くまなく「その人になってしまう」タイプの役者であることがうかがえます。この釘宮さんに惚れた人は、ぜひAD-LIVE2015の夜公演を観るべきです。心からお薦めします。とんでもないものが観られます。
  • 対面の場面。「ウタコさまぁ!」と喜んだ釘宮さんは、彩陽さんの服装を目にして「ステージ衣装ですねっ!」と即断するというファインプレーをみせてくれました。
    • 釘宮さんの組んだ設定の強みが出た場面と言えます。お見事! ……ですが、自分では始末をつけられないにもかかわらず、この究極の出オチ(鈴村さん談)ともいえる格好でステージに飛び込んだ、彩陽さんの心臓の半端なさのほうもとんでもないと思います。
      • アフタートークでの彩陽さんいわく「どうしてもこの服装で出たかったので、回収は任せちゃえと思って」だそうです。心臓強すぎでしょ……
  • ポピーです、と自己紹介したあげく、「私はお手伝いロボットです! ウタコさまのお世話をしてました」と元気よくアピールした釘宮さん。
    • ロボットです、と言ってから、思いついたかのようにまっすぐ歩いたりしてました。かわいい。
    • その後、ポピーはぐっと握った手を示して、渾身のヒント! そこでウタコは自分の歌唱を思い出し、歌います!
      • 「即興ソング=下野紘」というイメージに殴り込みをかける、すっごい歌でした。ソングといえるほど長くはなかったですが、それでも抜群のインパクト。衣装といい歌といい、その後にちょいちょい生まれてくる闇雲なダジャレといい、歌姫・高垣彩陽、鋼鉄の心臓を持ってるに違いない。大好きになりますね。
  • 3つ現れたバス停のひとつを即座に選び、バスに乗り込んで移動開始。バスの中では「犬・人 どちらも食べられます」のおつまみジャーキーが。嬉しそうにもぐもぐし始めるポピー。ロボットでも食事はするようです。それからボールで遊んでみたりして。
    • なお、小道具の準備は演出部主導で行われ、キャスト陣はノータッチ。アフタートークでは「まったく希望は出せない」と鈴村プロデューサーが明言しました。確定情報をありがとうございます。
      • ところで、犬と人、兼用のジャーキーはさすがに市販されていません。一応、犬用ジャーキーを人間が食べることは可能です……ちょっと保存料とかの含有量が違いますし、味付けがほとんどないので、おいしいとは限りませんけれど。なお、逆のほうは、含まれる塩分の量などの関係で、あまり推奨されません。人間用のビーフジャーキーはあんまり犬に与えないでくださいね。
  • 移動先は「ステージ」。ライブハウス風のステージには、ドラムセット、ギター。そこまでの振りとは完全に食い違う実景に「私が想像してたのとなんか違う!?」と困惑するウタコですが、見よう見まねでドラムを叩き、ギターの弦をつま弾きます。
    • 「小道具は本物」が基本のAD-LIVEなので、音が鳴ります(アンプつながってます)。彩陽さんは音が出ることに驚いたそぶりを見せていましたが、そこに驚いていたかどうかは分かりません。音の大きさのほうに驚いたのかも。
    • 箱の中からは「WITH YOU」と記されたCDが。ケースを開けると、ブックレットに、盤面も印刷されたCDディスク。
      • タイトルは、その後のストーリーを見越して、鈴村プロデューサーが「あなたとずっと一緒」という意味を込めて決めたものだそうです。が、直前に彩陽さんが鬼のワード「地獄からこんにちは」を引いていたため、完全に押し負けました。「地球滅亡」といい、彩陽さんのワード引きがキレてます。
      • その意味が知らされたアフタートークで、「曲作ってください!」という振りをぶちこんだ彩陽さん。遠慮のない関係性が感じられて楽しいシーンでした。
  • 再びバスへ。女性陣2人がバスの運転手をいじり倒し、ついに運転手側が「ありがとうございます」と発声。
    • やりとげたドヤ顔をする女性陣たちがかわいくてたまらんですよ。
      • バスの運転手は向山智成さん。通常は「絶対にしゃべるな」と言われている役柄だそうですが、この「ありがとうございます」は鈴村プロデューサーも「この後の飲みで思いっきり褒めたいと思います」と全力で肯定。良い場面でしたよね。
  • そして、バスが停車。乗り込んできたのは……白衣に紫の髪、不健康そうな顔色のマッドサイエンティスト。Cキャストの犬飼若博さんでございました。
    • ポピーにとっては恩人にも等しいという彼は、淡々と「ポピー。何やってる」「俺との約束はどうした」「お前はもう今までのお前じゃないんだぞ。それでもいいのか」と意味深な言葉で覚悟を迫り、ポピーは言葉に詰まってしまいます。それでも「私はウタコさまに目覚めてほしいです」と、その健気な態度だけはまったく揺らぎませんでした。
    • 去り際、男は手渡されたピコハンを持ち「いいか。大事なのは外側じゃなく、(ぴこぴこ)だ。(ぴこぴこ)を見ろ」と胸を叩きます。ピコハンで。ぴこぴこ。
      • 犬飼さんいわく、「こういうのは言葉で言わないほうがいいじゃないですか。『心』って言いたくなくて、だから(ピコハンを)渡された時には『ナイス!』って思いました」だそうです。すばらしい!!
      • 「このメイクいいでしょ?」とニヤニヤする鈴村プロデューサー。「敵か味方かわからない感じで出てくれ」という演出をつけておいて、あとで「俺むちゃくちゃな演出つけてるな……」と思ったとか。
  • 辿り着いた先は……「研究所」。「ウタコさまは一度だけここに来たことがあるんです」と語るポピーへ、ウタコは「ひとつ、確認したいことがあるんだ」と言います。はい、とうなずいたポピーへ、ウタコは隠し持っていたボールを投げて「とってこーい!」 ダッシュでボールを取りに行き、わくわくしながら戻ってくるポピーを見て、ウタコは確信にいたります。
    • 2回ボールを投げているのが実はけっこうすごいところです。こういうのって、走る側が体力使いますもんね。流れ的に、一瞬「まさか3回目行くか!?」と思いましたが、釘宮さんが大変だったんでしょうか、さすがに2回でストップ。3回目に行ってたらコメディになってましたね、きっと。
      • 【推測】実はこれ、走らなくても済む技として「お手」がありました。が、「お手」はやはりしつけの類であり、対するボール投げはやっぱり遊びです。ウタコとして、しつけの技で示すよりも一緒に遊んだ記憶を取ったのかもしれません。彩陽さんのコントロールが役柄の魂をつかんでいるという、片鱗を見たように思います。
  • そして、ポピーからの手紙を読む場面へ。
    • タコの台詞、「……犬じゃ手紙も書けないもんね」が秀逸の極みだと思います! ここまでのストーリーで示されていた「ペットロス」「変化してしまったポピー」への直球のアンサーになっているんです。ここでもうウタコは新しいポピーの姿を受け入れるに至り、目覚めの予感をにじませています。
    • 手紙の中に記された「ウタコさまのバカバカバカ!」という言葉がとんでもなくかわいいの! かわいいんです! とても健気で、忠実で。でも、ご主人様、というよりは、いちばん側にいたお友達、家族として、ウタコさまの側にいたポピーの思いがあふれた、泣かされる手紙でした。
  • 最終場面、ステージ衣装で現れた彩陽さんに、「ウタコちゃん!」と声をあげるポピー。
    • 今まで隠してきた「本当」を知ってもらって、だからこそ「初めて」「言葉に」できた、ポピーにとっては渾身の一声だったはず。すばらしいラストシーンでした!
    • 最終場面では両名とも、よっぽど下準備をしておかないと着替えることができません。ステージ衣装で出るのは普通に考えれば辻褄が合わないんですが、しょうがないです、それがAD-LIVEですから。


うわあ、ラストシーンを思い出して改めて泣けてきてしまいました……
彩陽さんが「私も猫を飼っているので」、鈴村さんが「俺も犬飼ってるから」と、ペットへの想いを自分に重ねたと語られた本公演、感動的な一幕でした。「あとりぶ」が楽しみです!