読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AD-LIVE 2016 9/24(土) 夜公演 考察 堀内賢雄・梶裕貴(リピート用のフラッシュメモ)

AD-LIVE2016 9/24(土) 夜公演の膨大なネタバレを含むので、未見の方は即座に閉じてください。

これは、私のように「ライブビューイングも観て、あとりぶも観る」、しかも役者の脳内にも迫ってみたいZE、というけっこう奇特な方のために即興で(アドリブで)書きつけるものです。のちにDVD発売に向けて追記するかも。
想定より記憶違いが多いので、そのあたりは割り引いてください申し訳ないです。

このコピペも安定してきた……とか思ってたらひどい脱落があったので遡って修正したりしました。

ではしばし開けて……

















始めまーす。

  • 堀内賢雄さんの先攻となります。
    • 昼公演とは打って変わって、板前スタイルでの登場でした。口調はぶっきらぼうですが、聞き取りに難がありません。アドリブで喋っていて、あの口調で、聞き取りに難がないって……これも大ベテランの匠の技ですよね。
    • 梶さんのシルエットが映し出され、クイズへ。「キューちゃん! ずっと探してたんだよ!」「みんなが待ってるんだよ!」と訴える賢雄さんに戸惑う梶さんです。クイズが進むにつれ、野球選手であること、恐怖がきっかけであることなどが明らかになりました。
      • ここから梶さんは「Qちゃん」の表記を仮設定して譲りません。……普通、「野球」で「キューちゃん」なら「球」を連想しておかしくないわけですが、おそらく梶さんはあえて「球」にたどり着かないことに決定しているのでしょう。意図的に進まないで手札としてキープしておいたのは、後で一気に出せるようにでしょうね。AD-LIVE練達者の技だと思います。
    • シルエットでの梶さんの投球ポーズがお見事でした。
  • 初顔合わせの場面。親し気に距離を詰めていく渋谷リョウさん(演・堀内賢雄さん)に、びびり倒して逃げ腰になるキューちゃん。
    • 最初の印象はあんまり良くないところから、という梶さんのコントロールです。最終的にとても親しくなることが見えていたからこそ、落差を大きくしようとしたのかもしれません。
    • ここから賢雄さんのワードの引きがバーストします。立て続けに擬音系を引き、ますますキューちゃんを怯えさせたり。
    • 梶さんの左腕には水色のバンドが嵌まっていました。
      • AD-LIVEグッズのリボンバンド。……記憶のフックに使えるように思い付きで仕込んだのかな、と推測しています。こういうアクセサリが記憶の呼び水になること、ありますもんね。
  • バスに乗り、思い出の場所へ。
    • バス内ではさらにリョウさんが積極的になり、キューちゃんがついにバットを握りました。暴力反対!
      • 前場面も合わせて、キュー振り担当の浅沼晋太郎さんが無双の活躍を見せています。キュー振り担当はそのトリガーの性質上、基本的に常にBキャストに注目しているわけですが、この公演のBキャストは乱気流・堀内賢雄ですからね。言わせてはならんことを遮るため、話をいいところでぶった切るため、一瞬たりと気が抜けません。この公演においては遮り系のキューコントロールが多用されており、その効果は甚大。浅沼さんの功績と言って讃えるべきでしょう。
    • リョウさんが口下手(という芝居)なので、状況がなかなか見えてきません。なんとかたどり着いた時計台は、なぜか文字盤がこっぱみじんで、プチ廃墟の風情でした。
      • かなりぶっとんだ実景ですが、賢雄さんにとっては想定どおり、むしろ要望どおりです。……「時計台」とだけ打ち合わせしておいて、文字盤こっぱみじんの実景を用意されたらBキャストはたまったもんじゃないでしょうから。
    • 野球を軸にして明らかになる状況。文字盤が砕けたのも豪速球によるものだそうです。このあたりで、作中世界がファンタジーに一気に寄りました。荒唐無稽なことが起こる世界だ、ということが明らかになったわけですね。そして出てくる親父の遺影と、「下半身タイガース」ですよ。もうこの単語だけでもこの公演勝ててる。
      • 「思いついちゃったからやっちゃった」的なノリすら感じる語ですが、賢雄さん的には設定の最初の行に書くほどの項目だったそうです(アフタートークより)。
      • なお、梶さんのキャラクターもツッコミ寄りになっていきます。世界の質を読み取っての調整だと思われ、本当に梶裕貴さんって抜群にセンスがいいですね……すごいですよ。
  • バスに乗る時には、思わぬハプニングが2つ。野球ボールの位置と、キャストの位置によるハプニングがありましたが、バスの運転手こと向山智成さんによるアシストがあり、無事に乗り越えました。
  • 再びバスから、Cキャストの乱入へ。乱入してきたのは、下半身タイガースの石地蔵、キューちゃんのお父様! 担当したのは竹井亮介さんです。
    • ユニフォームには「下半身タイガース」の文字、グローブを嵌め、キャップもかぶった、完全に試合中のスタイルです。ですが、キャッチャーマスクやチェストプロテクター、レガース等の装備はなし。……わかりにくいし、動きづらいですもんね。
      • 胸の文字列はまさかのフル記載。普通は「Tigers」とかだけですけど、「絶対に『下半身』も入れてください!」と言った、とは鈴村プロデューサーの談です。……「下半身タイガース」の一点突破じゃねーか! なお、竹井さんは新聞や遺影の撮影のため、当日10時入りで参戦だとか。公演は18時からなのに、すさまじいです。
      • ところで、一日に2公演やっています。2公演分の準備を並行して走らせている演出部も頭・身体ともに大忙しです。
    • 親子の絆と、バッテリーの絆。絆の連鎖を紡ぎだし、ファンとの関係も描き、お手本のような展開です。話が一気に進行し、見通しがよくなりました。
      • この時点でも、梶さんはだいぶ貯めています。情報はじゅうぶん出ているのですが、あえてわかってない振りをしているのでしょう。
  • 思い出の場所その2へ。
    • 「ここでキューちゃんを見つけたんだ」と語るリョウさん。球を受けられなくなったキューちゃんは、自分が目指した父親の墓を訪れていたのでした。
      • まさかの「梶家」にがっくりする梶さんが面白いです。「キュウ」は「ゆうき」のアナグラムでしたね。
    • そしてリョウさんとのキャッチボールへ。必死に恐怖を克服しようとするキューちゃんを応援したくなります。
      • 結果的にあんまり強調されなかったんですが、「父親にあこがれて野球選手になった」「父親みたいな選手になりたかった」「父親みたいになってしまうんじゃないかと怖くなった」と、キューちゃんの人生には父親の存在が色濃く居ついています。墓地にいたのも、亡き父へすがっていたのかも。したがって、克服にいたる流れとして「父との決別」に着地してもおかしくないドラマでした。賢雄さんの構築には厚くて重い芯があるんですね。この点は、賢雄さんの手紙内、「俺のような球を投げられる選手はほかにいません(=あなたは父親と同じ目には遭いません)」に片鱗があります。
  • ここでハプニングその3。賢雄さんが手紙を渡しそびれました。
    • 観客席からは見えないよう、ライト裏に置いてあった手紙を拾ってリカバー。
      • おそらく、全公演、手紙の予備は用意がありますね。今回だけ置いてあったとは思えません。また、「芝居(進行)が乱れるぐらいなら渡さず退場」というのがキャスト陣の統一された基本方針だと思います。どっしり構えてそこに乗れる賢雄さんの舞台度胸がたまりませんね。
  • 手紙の朗読、最終場面へ。とてもきれいな、見事な着地でした。梶さんの最終セリフもパーフェクトな選定、大喝采です!

なお、補足として。
野球選手に限らず、スポーツ選手が「今までできていたことができなくなる」事象は多く確認されており、イップスと呼ばれています。今回のキューちゃんもイップスだったわけですね。
イップスを扱った例にアニメ『空中ブランコ』第4話「ホットコーナー」があります。浪川大輔さんがイップスの野球選手を好演しておりますので、ご興味を持ちましたらぜひに。



というわけでした。「下半身タイガース」という超級のパワーワードと小気味いいボケとツッコミに加え、父と子、投手と捕手、多くの絆が連鎖する骨太のストーリーラインががっちゃんこで楽しめる、濃い公演でしたね。今日の「あとりぶ」も楽しみです!