読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AD-LIVE 2016 9/10(土) 昼公演 考察 鈴村健一・寺島拓篤(リピート用のフラッシュメモ)

AD-2016 9/10(土) 昼公演の膨大なネタバレを含むので、未見の方は即座に閉じてください。

これは、私のように「ライブビューイングも観て、あとりぶも観る」、しかも役者の脳内にも迫ってみたいZE、というけっこう奇特な方のために即興で(アドリブで)書きつけるものです。のちにDVD発売に向けて追記するかも。

ではしばしあけて……



















このぐらい開ければいいですかね。

  • 鈴村さんの先攻にて開幕。
    • 最初から情報を提示してしまい、警告を鳴らしまくる展開をチョイス。サカキ(字は「榊」が好みです)の人柄を表現するのはもちろんのこと、鈴村さんとしては「こうすればこうなる」の見本を観客に示していくために必要な行動でした。また、素早く寺島さんに初期設定を伝える方策を選択した、ということでもあります。言い換えれば、「キャラクターの謎解きではなく、ストーリーテリングで行くので付き合ってくれ」という合図です。
  • 寺島さんの服装が意外と攻め攻めなことが分かり、鈴村さんとしては、五分五分の感触のようです。
    • ここで、鈴村さん演じるサカキが「……いつもと違うからやりにくいな」と漏らしています。これがかなり効率的な一手。寺島さんに自分が想定するヤスダの人物像を伝えつつ、「マインドダイブ」という世界観を補強、かつ、一個伏線を貼っていました。
      • 【推測】この時点で、鈴村さんは「サカキとヤスダは仲が悪い」という線を保持しています。だから「……やりにくいな」の響きが苦いのです。サカキはヤスダにコンプレックスを持っている、という裏設定が存在しているのはほぼ間違いないでしょう。これはのちの鈴村さんの発語でも補強されます。
      • この時点で寺島さんは、「話が進むにつれて真面目なトーンに推移する」というプランを決定していると思います。ごく自然に行われていて気づきにくいですが、いくつかステップを経るごとに寺島さんの声音は変わっていきます。
    • ところで、サカキは設定からするとやや過剰なぐらい焦っていますね。その後もサカキのアクションはけっこうオーバーです。鈴村さん個人の裏設定に「マインドダイブシステムにダイブインしている間は感情の動きがダイレクトに表に出る」とかがあってもおかしくありません。
  • 場面変わって、バスへ。人間「関係」の確認にけっこうな尺を取りました。
    • 【推測】結果的にあんまり効果を上げなかったように思える場面ですが、鈴村さんのプランに「嫌いな奴を迎えにきた」が含まれているとすると、必要なプロセスです。「あの子」という第三者を持ち込みかけたのも、ベタな三角関係を利用可能にしておく下準備だったのかもしれません。
  • 場面・キャンプ場。サカキとヤスダの置かれていた環境の説明と、ヤスダが心を閉ざすに至った原因の伏線を張りに行きました。
    • 研究、ウイルス、などの学術用語のディテールが詰めきれず若干ふわっとしていますが、仕方ありません。AD-LIVEではそういうの無理です。
    • ここで寺島さんが猛烈な勢いで材料集めを始めているはずです。防御側は「きわめて限られた材料の中で核心に迫れるキーワードを見つける」という難題が課せられていて、寺島さん、なんとここで「熊」もきっちり拾っていました。天才だと思います。
  • バス移動中、Cキャストの乱入。今回の公演、この乱入が防御側にとってのカウンターチャンスになります。
    • ここから寺島さんのターンがばかすか続きます。「大和田先生」というネーミングセンスが凄すぎます。ひとしきりバカな遊びでリラックスタイム。
    • この場面では、鈴村さんの得意技「アシスト」がきっちり決まっています。会話というのは、決定打が出る前にも、将棋で言うところの「詰めろ」に似た、準・決定打みたいなステップがあり、鈴村さんはこの「詰めろ」をかけるのがとてもうまい方です。「こう言うとこう受けられ、こう流れる」という読みが深いので、一歩、二歩手前の状況からでも相手を追い込めるわけです。このために寺島さんが一発ギャグをやる羽目になりました。
  • Cキャストの登場中、寺島さんのこの公演の珠玉の一言、「逆です」が成立しています。これ聞いた時には震えあがりました。涙出そうになった。
    • 口調はかなり真面目寄りです。「この時点でヤスダはかなりのことを思い出している」ということです。鈴村さんはプランの再検証を迫られたでしょう。
  • 場面・戦場。ここで鈴村さんが隠し持っていた強い切り札のひとつ、「そこはダメだ!」が発動しています。
    • 「マインドダイブシステム」という世界観の補強とともに、サカキのヤスダに対するある種の酷薄さの表れにもなります。サカキにとって肝要なのは真実ではなく、ヤスダが目を覚まして研究に復帰することなので、そのためにヤスダの記憶が多少ねじまがろうと問題ないのかもしれません(……というプランが想定されています)。
    • もちろん、寺島さんもこれを拾っています。「俺は真実を知りたい!」という芝居を"しなかった"ことが素晴らしいです。「ヤスダはこの先で何があったかをほぼ確信している」わけです。……むろん、寺島さん自身はどうかわかりませんけれども。
  • たどり着いた先で、サカキが大暴れします。これに応える寺島さんの読みが実に素晴らしい。「お前が目を覚ましたら、熊を調べてくれ」という発言が、やや分かりにくいながら強烈な一手でした。
    • この発言は、「ヤスダを起こさなくてはならない」という状況を覆す発言です。それだけ聞ければ、サカキはもうヤスダを必要としないかもしれない、もう帰ってもいいのかもしれないからです。
    • 寺島さんのこの発言の起点になっているのは、鈴村さんの「俺たちだって頑張った!!」「でもダメだった……お前じゃなきゃ……」です。サカキたちには、ヤスダだけが持っている、知っている何かが必要だった。それさえ手に入ればいいなら、これで大丈夫だよな、だからもう帰ってくれと、ヤスダは言えるようになりました。
      • この発言に寺島拓篤の極みを観た想いでいます。センスや瞬発力、頭の回転の速さはもちろん必要なのですが、この手の受けに関してはそれ以上に、「物語や人間関係の類型に対する知識」が必要だと思います。
    • 【推測】この時点で、鈴村さんは「サカキはヤスダと仲が悪い」筋を捨てる方向に舵を切っています。寺島さんが読み切ってしまったので、捨てざるを得なくなったのではないか、と私は推測しています。ここで鈴村さんが「どうしてお前はそうなんだ! いつもいつも……先を読んで……勝手に決めて……だから、だから俺は、お前が大っ嫌いだ……!」とか振っていても面白かったですよね。ですよね。ですが、ケンカして和解するだけの時間と要素がありませんでした。
  • そして、手紙のシーンへ。
    • 複数要素を漏れなく埋め込み、ゆるやかに終幕を予感させる手腕が見事です。とはいえ……ちょっと、コメントしかねますね。だって冗長だもの。結果的に寺島さんにとってはよいシンキングタイムだったようですが、観客側としてはもうちょっとタイトにまとめてほしかったのが本音ですよ。
    • 【推測】「世界のため」というようなニュアンスの言葉が入っているのが、サカキのコンプレックスの名残です。サカキは、ヤスダとの絆のためではなく世界のために、ヤスダの覚醒を願っているのです。
      • 【妄想】さらに突っ込んで考えると、サカキは「マインドダイブした先で会うヤスダは自分のことを知らない」からこそ、ダイブインしたのかもしれません。ダイブインした先で成立したヤスダは、サカキにとっての本当のヤスダではなく、本当のヤスダとは"逢わない"で済むから。サカキにとってヤスダは「会う理由がある人」ではあっても、「逢いたい人」ではなかったのかもしれませんね。
  • 最終場面、寺島さんの超ファインプレーで終幕。凄いです。
    • 最終場面では、防御側はまず着替えることができません。(脚本家はこのことを忘れていたんじゃないかと邪推しています)
      • 今後の公演では準備してくる人もいるかもね。


はい、以上です。
いくつか記憶違いをしているかもしれませんが、それはまた後日修正します。ではまた今夜、「あとりぶ」行ってきます!